自分で出来る育毛サイクル改善

AGAの症状で脱毛につながる原因として毛の生えるサイクルが乱れていることが挙げられます。
毛の生えるサイクルが乱れることで、毛がしっかりと成長するまでに毛が抜けてしまい薄毛となってしまいます。
そのため、AGAの症状がある方の抜け毛には細く成長しきれていない毛が多く見られます。
この薄毛を改善させるには毛の生えるサイクルを改善させる必要があります。
このAGAの症状でサイクルを乱している原因にDHT(ジヒドロテストステロン)があります。
このDHTは強力な男性ホルモンで、このDHTが増えすぎるとサイクルを乱してしまいます。
このDHTを抑制するには5αリダクターゼという酵素を抑制することでDHTも抑制できるとされ、病院でAGA治療で処方されるプロペシアはこの5αリダクターゼを抑制することができる薬です。
病院でこのプロペシアを処方してもらい服用することで育毛サイクルの改善になるのですが、病院での治療に抵抗がある方もいるのではないでしょうか。
薄毛の状態をあまり見られたくない、プロペシアという薬の副作用が不安などという理由で病院に行きたくないという方もいます。
そんな方にお勧めなのがサプリメントを利用する方法です。
サプリメントならドラッグストアなどで気軽に購入することもできますし、ネットなら誰に知られることもなく購入することができます。
サプリメントで5αリダクターゼの抑制に効果が期待できることで知られている成分にはノコギリヤシや緑茶、アロエなどに含まれている成分が挙げられます。
サプリメントで育毛サイクル改善をしたいとお考えの方は、このノコギリヤシや緑茶、アロエなどで作られたサプリメントを使用することで効果が期待できます。
しかし、サプリメントの効果はプロペシアほどの効果は期待できません。
そのため長期間の服用も必要となります。
効果的な治療は病院での治療が最適です。