プロペシアが効いてきた実感

最近男性型脱毛症であるAGAに効果的な薬として、プロペシアと呼ばれる薬を挙げることができます。AGAの場合、男性ホルモンの一種である酵素が、髪の毛の成長を阻害しているということで、AGAの原因となっていましたが、このプロペシアはそれらの酵素を抑制する働きがあります。ですから、プロペシアを服用していれば、徐々に髪の毛は途中で成長が止まることなく、しっかりと成長していくということが考えられます。
ただし、このプロペシアを服用したとしても、飲んだ翌日から効果が出るというわけではありません。効果については個人差があるといわれていますから、プロペシアが効いてきたということが実感できる状態になるには、ある程度待たなければなりません。
では、実際に効果が出てきたときはどのような状態になるかというと、今までなかった部分に髪の毛が生えてくるという感覚ではなく、これまで弱弱しく生えていた髪の毛がより黒く、太く感じるようになることが多いと考えられます。これは、これまで成長を阻害していた酵素の働きが弱まったため、髪の毛が成長をしていることによるものであるということになります。そして、服用を継続していくと、さらにしっかりとした黒くて、太い髪の毛が増えてくるようになるので、頭部全体もボリュームを感じる頭部になり、周りから見ても薄毛であるということがわかりにくくなります。
ただし、先にも述べたように、全く毛がないところから新たに毛が生えてくるという実感を得ることは難しいと考えられますから、服用する際はそういったことを考慮した上で服用をしていくことが大事になってきます。最近では、病院でAGA治療を行っていますから、診察をすることによってプロペシアを処方をしてもうらことが可能です。

▼関連サイト
エフペシアは有名なAGA治療薬のジェネリック